人材力向上のための労務管理・教育研修はお任せください

古澤社会保険労務士事務所

コラム

№101 新しい年に入り、法改正対応で気をつけるべきものはありますか? 障害者雇用は今後の重要なテーマに

カテゴリー:勝手に経営診断

2018年01月22日 11時52分

労働関連で改正対応をすべきものの一つに、障害者の法定雇用率の引き上げがあります。
事業主には、法定雇用率以上の割合で障害者を雇用する義務がありますが、
今年4月1日から、その率が次のように変わります。

このうち、民間企業の法定雇用率については、平成33年4月までにさらに0.1%引き上げがなされ、
2.3%となることになっています。

 

 

また、今回の法定雇用率の変更に伴い、障害者を雇用しなければならない民間企業の事業主の範囲が、
「従業員50人以上」から「従業員45.5人以上」に変わります。
「50人以上」という数字を記憶している方は多いと思いますが、
従業員45.5人以上50人未満の会社では、注意が必要です。

これら対象となる事業主には、「毎年6月1日時点の障害者雇用状況を、ハローワークに報告する」
「障害者の雇用の促進と継続を図るための“障害者雇用推進者”を選任するよう努める」義務があります。

ちなみに、障害者を多数雇⽤するなど、障害者の雇⽤や就業に積極的な企業には、
法人税(個人事業主の場合は所得税)や事業所税、不動産取得税、固定資産税の優遇措置が受けられます。
法対応にあわせて、厚生労働省から出されている下記リンク先の資料も参考にすると、よいのではないでしょうか。
くわしくはこちらから

 

※今年4月に向けて対応急務な障害者雇用、先進企業7社の事例や法令Q&A、各精神障害の就労上の留意点の解説など
多角的に解説した書籍です。
障害者雇用の実務

お気軽にご相談ください


受付時間: 定休日:

info

お気軽にご相談ください

ご相談・お問合せ

03-3503-1822


カテゴリー


月別アーカイブ


新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【古澤社会保険労務士事務所】

〒105-0003
東京都港区西新橋1-20-3
虎ノ門 法曹 ビル607号

03-3503-1822


社会保険、雇用トラブル相談、人事労務は東京都港区の古澤社会保険労務士事務所まで!

東京都港区の社会保険労務士事務所です。
社会保険・労働保険手続きはもちろん、雇用トラブルの相談、解決。ハラスメント防止研修、
コンプライアンス研修、新人研修、管理職研修、再雇用者シニア研修等、各種セミナー研修。
就業規則作成改訂、各種制度の作成改定、雇用トラブルなど、人事労務の総合スペシャリストです。
さあ、労務環境を良くして社員のモチベーションアップから業務効率、収益向上を目指しましょう。
ご相談は東京都港区の社会保険労務士事務所の古澤社会保険労務士事務所まで!
お気軽にご連絡ください。