人材力向上のための労務管理・教育研修はお任せください

古澤社会保険労務士事務所

解決事例

  • 解決事例3.

    事例

    会社内に組合が結成された。団体交渉の申し入れが2ヶ月に1回はあり、準備や対応で苦慮している。

    解決策

    まず、組合ができた以上、労働問題は一本化できることを説明した。
    団体交渉に応じることをはじめ、不当労働行為について経営に徹底し、認識を統一した。
    団体交渉に社会保険労務士としてオブザーバーとして出席する、内容は確実に記録し法律問題とその他の問題に分けてリポートを作成することとした。
    交渉に関して、申し出があった内容に関して会社と協議し、次回の団体交渉に回答できるように準備した。

    ※社長は、労働組合に関して過度に意識することなく経営に専念している。

  • 解決事例2.

    事例

    みだしなみに乱れが出てきたため、就業規則のなかの服務関連事項を変更したいとしたところ、議論が百出し収拾がつかなくなってしまった。

    解決策

    始めに、服務規定の意義に関して研修し、遊び気分を一掃した。
    続いて、どのようなみだしなみが当社従業員として相応しいのか議論させ、スタンダードをイメージさせた。
    経営が一番問題だとしていた、肌の露出と過度なネイルアートに関して、改善の見込みがついたので、特にペナルティーを持ち出すことなく、服務規定の変更を行い、終息した。

  • 解決事例1.

    事例

    業況が思わしくないので、従来7時間30分であった就業時間を8時間にしたいと打診したところ、社員から猛反対をされた。

    解決策

    まず、社員の不満どおり、不利益変更であることを認め、理解を求めた。次に、不徹底であった、年次有給休暇の取得を80%近くまで取得できるように配慮することや、時間単位の有給休暇取得を可能とすることなどを提案した。

    8時間労働の期間を時限として、将来もとの7時間30分にもどしても給与は減額しないことを約束した。
    また、社員への協力要請として、業務効率に関して提案させ、中間管理職の責任で時短その他120%の業務効率を実現させた。

お気軽にご相談ください


受付時間: 定休日:

info

お気軽にご相談ください

ご相談・お問合せ

03-3503-1822


新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【古澤社会保険労務士事務所】

〒105-0003
東京都港区西新橋1-20-3
虎ノ門 法曹 ビル607号

03-3503-1822


社会保険、雇用トラブル相談、人事労務は東京都港区の古澤社会保険労務士事務所まで!

東京都港区の社会保険労務士事務所です。
社会保険・労働保険手続きはもちろん、雇用トラブルの相談、解決。ハラスメント防止研修、
コンプライアンス研修、新人研修、管理職研修、再雇用者シニア研修等、各種セミナー研修。
就業規則作成改訂、各種制度の作成改定、雇用トラブルなど、人事労務の総合スペシャリストです。
さあ、労務環境を良くして社員のモチベーションアップから業務効率、収益向上を目指しましょう。
ご相談は東京都港区の社会保険労務士事務所の古澤社会保険労務士事務所まで!
お気軽にご連絡ください。