人材力向上のための労務管理・教育研修はお任せください

古澤社会保険労務士事務所

コラム

№79結局、会社が出すどの書類に個人番号の記載が必要なのですか?

カテゴリー:勝手に経営診断

2016年03月20日 10時05分

雇用保険関連の手続きにはいろいろとありますが、事業主が提出するもので、従業員の個人番号を記載し、
ハローワークに提出することが必要なのは、次の様式です。

①雇用保険被保険者資格取得届
②雇用保険被保険者資格喪失届
③高年齢雇用継続給付受給資格確認票・(初回)高年齢雇用継続給付支給申請書
④育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請
⑤介護休業給付金支給申請書
③~⑤の申請は、原則として事業主から提出することとなっていますが、本人が申請することも可能です。
事業主が提出する場合、①の資格取得届などと同様に、本人確認は事業主で行うこととなるため、ハローワークに
「対して代理権や従業員の個人番号を確認するための書類の提出は不要です。
また、③④について、2回目以降の申請書には個人番号の記載の必要はありません。

なお、労災保険関係書類も今年から、個人番号の記載が始まっていますが、健康保険・厚生年金保険被保険者資格
取得届や健康保険被扶養者(異動)届などの健康保険や厚生年金保険関係の手続きに関しては、来年1月から
個人番号の記載が始まる予定です。書式の変更も含め、今後発表されるであろう情報のキャッチアップが必要です。

※マイナンバー法の立法作業に携わった弁護士が書いた新刊です。法律ができた流れに詳しい方のため、
どこを気をつければよいかのポイントが明快です。

○『担当者の不安解消! マイナンバーの実務入門』
http://www.amazon.co.jp/dp/4845262738/(Amazonの該当ページへ、ひとっ飛び)

実務面をかいつまんで知りたい方は、こちらのQ&Aも役立ちます。
○『人事・総務のためのマイナンバー実務Q&A』
http://www.amazon.co.jp/dp/4845253658/(Amazonの該当ページへ、ひとっ飛び)

お気軽にご相談ください


受付時間: 定休日:

info

お気軽にご相談ください

ご相談・お問合せ

03-3503-1822


カテゴリー


アーカイブ


新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【古澤社会保険労務士事務所】

〒105-0003
東京都港区西新橋1-20-3
虎ノ門 法曹 ビル607号

03-3503-1822


社会保険、雇用トラブル相談、人事労務は東京都港区の古澤社会保険労務士事務所まで!

東京都港区の社会保険労務士事務所です。
社会保険・労働保険手続きはもちろん、雇用トラブルの相談、解決。ハラスメント防止研修、
コンプライアンス研修、新人研修、管理職研修、再雇用者シニア研修等、各種セミナー研修。
就業規則作成改訂、各種制度の作成改定、雇用トラブルなど、人事労務の総合スペシャリストです。
さあ、労務環境を良くして社員のモチベーションアップから業務効率、収益向上を目指しましょう。
ご相談は東京都港区の社会保険労務士事務所の古澤社会保険労務士事務所まで!
お気軽にご連絡ください。