人材力向上のための労務管理・教育研修はお任せください

古澤社会保険労務士事務所

コラム

№.103 労働保険や社会保険の保険料は、来月からどう変わるのですか?

カテゴリー:勝手に経営診断

2018年03月26日 10時35分

例年この時期に見直しが行われる労働保険や社会保険の保険料、さて来月(来年度)からはどうなるのでしょうか。

 

雇用保険・労災保険率

平成30年度の雇用保険率は、平成29年度のまま据え置きとなります。
一方、労災保険率は、全54業種中、建築事業や交通運輸事業など20業種で引き下げられ、非鉄金属精錬業など3業種で引き上げられます。

(参考)厚生労働省発表資料

 

厚生年金保険料率・国民年金保険料

厚生年金の保険料率は、年金制度の改正に基づき平成16年から段階的に引き上げられてきましたが、平成29年9月を最後に引き上げが終了し、以降の厚生年金保険料率は18.3%で固定されます。なお、平成30年度の国民年金保険料については16,340円(月額)と、29年度(16,490円)から150円引き下げられます。

 

健康保険料率・介護保険料率

平成30年度の協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率は、今年3月分(4月納付分)から適用となります。東京都であれば9.90%(介護保険第2号被保険者に該当しない場合)となり、介護保険第2号被保険者に「該当する」40歳から64歳までの方は、この9.90%に1.57%の介護保険料率が加わります。

(参考)協会けんぽ発表資料

 

※社会保険・労働保険の手続き全体の流れや届出書の書き方などを、ライフステージごとに説明した書籍を紹介します。
これから配属される新任担当者向けテキストにも活用できそうです。

社会保険・労働保険の基本手続』(Amazonの該当ページへ、ひとっ飛び)

お気軽にご相談ください


受付時間: 定休日:

info

お気軽にご相談ください

ご相談・お問合せ

03-3503-1822


カテゴリー


月別アーカイブ


新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【古澤社会保険労務士事務所】

〒105-0003
東京都港区西新橋1-20-3
虎ノ門 法曹 ビル607号

03-3503-1822


社会保険、雇用トラブル相談、人事労務は東京都港区の古澤社会保険労務士事務所まで!

東京都港区の社会保険労務士事務所です。
社会保険・労働保険手続きはもちろん、雇用トラブルの相談、解決。ハラスメント防止研修、
コンプライアンス研修、新人研修、管理職研修、再雇用者シニア研修等、各種セミナー研修。
就業規則作成改訂、各種制度の作成改定、雇用トラブルなど、人事労務の総合スペシャリストです。
さあ、労務環境を良くして社員のモチベーションアップから業務効率、収益向上を目指しましょう。
ご相談は東京都港区の社会保険労務士事務所の古澤社会保険労務士事務所まで!
お気軽にご連絡ください。