人材力向上のための労務管理・教育研修はお任せください

古澤社会保険労務士事務所

コラム

№96 保険料を10年間払えば、年金をもらえるようになったようですが?

カテゴリー:勝手に経営診断

2017年08月18日 9時18分

これまでは、年金を受け取るために必要な期間(保険料納付済等期間)として25年必要でした。
しかしながら、無年金者の問題がかねてから課題としてあげられていた中、
社会保障・税一体改革の一つとして、
この8月1日から、この25年に対して「10年」あればOKということになりました。

 

「国民年金の保険料を納めた期間や、免除された期間」
「会社員の期間(船員保険を含む厚生年金保険や共済組合等の加入期間)」
「年金制度に加入していなくても資格期間に加えることができる期間(「カラ期間」と呼ばれる合算対象期間)」を
合計した期間が10年(120カ月)以上あると、今後は年金を受け取ることができます。

 

この対象者は、すでに65歳以上の人で、年金を受け取るために必要な期間(保険料納付済等期間)が
10年以上の人になります。
また、保険料納付済等期間が10年以上の人が65歳以上(加入する年金制度や性別によって異なります)に
なった場合も対象になります。

 

前者(女性であれば昭和32年8月1日生まれまで、男性であれば昭和30年8月1日生まれまで)の人には、
日本年金機構から「年金請求書(短縮用)」が届いていると思いますので、
その「お年頃」の方に一声かけてあげると親切かもしれません。
また、後者の人にも、受給年齢になる頃に、上記「年金請求書」が届く予定となっています。

 

なお、10年間保険料を払えば年金がもらえるといっても、そもそも年金額は、納付した期間に応じて決まります。
40年間保険料を納付すると満額の年金を受け取ることができますが、この方式については変わりがなく、
10年間の納付であれば受け取る年金もおよそ4分の1になりますので、注意しましょう。

 

※話はガラリと変わり…、最近は労働がらみの裁判に関するニュースを耳にする機会が増えました。
「こういうことがトラブルになるのか!?」という事例研究の一つとして、
判例動向を知っておくのも良いかと思いますので、
労働関係の重要判決・命令のエッセンスを凝縮して掲載した要旨集を紹介します。

 

平成29年版 年間労働判例命令要旨集』(Amazonの該当ページへ、ひとっ飛び)。

お気軽にご相談ください


受付時間: 定休日:

info

お気軽にご相談ください

ご相談・お問合せ

03-3503-1822


カテゴリー


月別アーカイブ


新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【古澤社会保険労務士事務所】

〒105-0003
東京都港区西新橋1-20-3
虎ノ門 法曹 ビル607号

03-3503-1822


社会保険、雇用トラブル相談、人事労務は東京都港区の古澤社会保険労務士事務所まで!

東京都港区の社会保険労務士事務所です。
社会保険・労働保険手続きはもちろん、雇用トラブルの相談、解決。ハラスメント防止研修、
コンプライアンス研修、新人研修、管理職研修、再雇用者シニア研修等、各種セミナー研修。
就業規則作成改訂、各種制度の作成改定、雇用トラブルなど、人事労務の総合スペシャリストです。
さあ、労務環境を良くして社員のモチベーションアップから業務効率、収益向上を目指しましょう。
ご相談は東京都港区の社会保険労務士事務所の古澤社会保険労務士事務所まで!
お気軽にご連絡ください。