人材力向上のための労務管理・教育研修はお任せください

古澤社会保険労務士事務所

コラム

№99(おお、次回は100回じゃないか!) 配偶者控除などが見直されたと聞きましたが…

カテゴリー:勝手に経営診断

2017年11月21日 12時00分

平成 29 年度の税制改正により、配偶者控除・配偶者特別控除の見直しが行われ、
①配偶者控除および配偶者特別控除の控除額の改正
②配偶者に係る扶養親族等の数の計算方法の変更
③「給与所得者の扶養控除等申告書」等の様式変更等
がなされました。

 

①に関してですが、平成29年分以前の所得税については、給与所得者本人の合計所得金額にかかわらず、
給与所得者に控除対象配偶者(給与所得者と生計を一にする配偶者で合計所得金額が38万円
(給与所得だけの場合の給与等の収入金額が103万円)以下の人)に該当する人がいる場合に、
配偶者控除の適用を受けることができましたが、
平成30年分以後の所得税については、給与所得者本人の合計所得金額が1000万円
(給与所得だけの場合の給与等の収入金額が1220万円)を超える場合、
配偶者控除の適用を受けることができないこととなりました。

 

いわゆる「103万円の壁」が変わるのか、などと言われたりもしますが、
「1000万円(給与所得だけの場合の給与等の収入金額が1220万円)を超える場合」となると、
そうそう当てはまるものではなさそうです。
なお、この改正は、平成30年分以後の所得税について適用されるため、
これから進める平成29年分の所得税(年末調整手続等)については影響ありません。

 

ちなみに③の様式変更ですが、1枚のシートにいっぱい詰め込んであった
「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」が
「給与所得者の保険料控除申告書」と「給与所得者の配偶者控除等申告書」の2枚に分かれることになります。

 

※日ごろの給与計算業務に向けて、あるいはこれからの年末調整に向けて、
忙しい中で抜け漏れなどないように、下記の本でポイントを確認するとよいのではないでしょうか。
平成29年度版 まるわかり給与計算の手続きと基本

お気軽にご相談ください


受付時間: 定休日:

info

お気軽にご相談ください

ご相談・お問合せ

03-3503-1822


カテゴリー


アーカイブ


新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【古澤社会保険労務士事務所】

〒105-0003
東京都港区西新橋1-20-3
虎ノ門 法曹 ビル607号

03-3503-1822


社会保険、雇用トラブル相談、人事労務は東京都港区の古澤社会保険労務士事務所まで!

東京都港区の社会保険労務士事務所です。
社会保険・労働保険手続きはもちろん、雇用トラブルの相談、解決。ハラスメント防止研修、
コンプライアンス研修、新人研修、管理職研修、再雇用者シニア研修等、各種セミナー研修。
就業規則作成改訂、各種制度の作成改定、雇用トラブルなど、人事労務の総合スペシャリストです。
さあ、労務環境を良くして社員のモチベーションアップから業務効率、収益向上を目指しましょう。
ご相談は東京都港区の社会保険労務士事務所の古澤社会保険労務士事務所まで!
お気軽にご連絡ください。