人材力向上のための労務管理・教育研修はお任せください

古澤社会保険労務士事務所

コラム

№74 アルバイトの人も、ストレスチェックの「50人」にカウントするのですか?

カテゴリー:勝手に経営診断

2015年10月20日 1時37分

何かと話題の「マイナンバー制度」が来年1月から運用がスタートされますが、その1カ月前の今年12月からは、「ストレスチェック制度」も始まります。
常時使用する労働者に対して1年以内ごとに1回、定期的に行わなければならないこの制度、世の調査によれば、あまり知られていないとのことですが、「常時50人以上を使用」する会社にストレスチェックの“実施が義務づけ”られているため、「そんなの知らなかった」とはいきません。

 

ところでこの「50人以上」には、アルバイトやパートタイマーも含めるのでしょうか。

 

事業者がストレスチェックを“行うべき”「常時使用する労働者」(要するに“対象者”)とは、
①期間の定めのない労働契約により使用される者であり、
②週労働時間数が、その事業場において同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間数の
4分の3以上である労働者を指します。
であれば、「週に1日しか勤務しないバイトは『常時使用する労働者』にカウントしないから、バイトばかりのウチに実施の義務はないな」と思っていると、そうではないのです。

 

厚生労働省が出しているQ&Aによれば、“実施義務”について考える場合の「常時使用している労働者が50人以上いるかどうか」の判断は、契約期間(1年以上)や週の労働時間(通常の労働者の4分の3以上)をもとに判断する上記の“対象者”とは異なり、常態として使用して
いるかどうかで判断することから、週1回しか出勤しないようなアルバイトやパートタイマーであっても、継続して雇用し、常態として使用しているのであれば、「常時使用している労働者として50 人のカウントに含め」る必要があります。
ややこしい話ですが、こうしてみると“実施義務”となる「常時50 人以上の労働者を使用する事業場」に当てはまるところは、けっこう多いのではないでしょうか。

 

※ストレスチェック制度について、会社担当者が無理なく導入・運用するためにどう取り組んだらよいかを10のステップで詳解したマニュアル。活用可能なチェックリストやサンプル文書、用語解説も充実していて、まずはの1冊として良さそうな本です。

ゼロから始める ストレスチェック導入マニュアル』(Amazonの該当ページへ、ひとっ飛び)

お気軽にご相談ください


受付時間: 定休日:

info

お気軽にご相談ください

ご相談・お問合せ

03-3503-1822


カテゴリー


月別アーカイブ


新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【古澤社会保険労務士事務所】

〒105-0003
東京都港区西新橋1-20-3
虎ノ門 法曹 ビル607号

03-3503-1822


社会保険、雇用トラブル相談、人事労務は東京都港区の古澤社会保険労務士事務所まで!

東京都港区の社会保険労務士事務所です。
社会保険・労働保険手続きはもちろん、雇用トラブルの相談、解決。ハラスメント防止研修、
コンプライアンス研修、新人研修、管理職研修、再雇用者シニア研修等、各種セミナー研修。
就業規則作成改訂、各種制度の作成改定、雇用トラブルなど、人事労務の総合スペシャリストです。
さあ、労務環境を良くして社員のモチベーションアップから業務効率、収益向上を目指しましょう。
ご相談は東京都港区の社会保険労務士事務所の古澤社会保険労務士事務所まで!
お気軽にご連絡ください。