人材力向上のための労務管理・教育研修はお任せください

古澤社会保険労務士事務所

コラム

№75 「所定外労働の制限」と「時間外労働の制限」って何が違うのですか?

カテゴリー:勝手に経営診断

2015年11月24日 10時02分

少子高齢化の流れに歯止めをかけ、誰もが活躍できる「一億総活躍社会」の実現に向けて政府を挙げて取り組んでいくとのこと、先日発表がありました。
育児のための両立支援として、育児休業制度の運用などもさらに鍵を握ってきそうですが、そのような中、「育児休業制度に、“所定外労働の制限”と“時間外労働の制限”という似た感じの制度があるが、結局何が違うのか?」とのご質問を受けました。

 

この二つの制度を簡単に説明すると、以下のとおりです。

 

①所定外労働の制限
事業主は、3歳に満たない子を養育する労働者が請求した場合においては、事業の正常な運営を妨げる場合を除き、所定労働時間を超えて労働させてはならない

所定労働時間が8時間なら8時間、6時間なら6時間を超えて労働させてはならない

 

②時間外労働の制限
事業主は、小学校就学の始期に達するまでの子を養育する労働者が、その子を養育するために請求した場合においては、事業の正常な運営を妨げる場合を除き、1カ月について24時間、1年について150時間を超える時間外労働をさせてはならない

就業規則や時間外労働協定等で定めた時間外労働の上限が上記を下回る場合は、それら定めた時間外労働の上限時間が優先される

 

簡単に言ってしまえば、労働者が請求した場合に、①についてはいわゆる残業(法定労働時間ではなく所定労働時間を超える時間外労働)をさせることができず、②については残業(法定労働時間を超える時間外労働のこと)の時間に制限が加わる、ということです。

 

これは育児休業制度のほんの一部の話にすぎませんが、さらに手続きの話が加わると雇用保険法や健康保険法などもからんで非常にややこしいため、頭の整理が必要となります。

 

※妊娠~出産~育児をめぐる会社の手続きが一通りわかる本が出ています。
規定例や担当者用確認シートなどツール集もダウンロードできるとのこと、実務の参考に、手元に1冊おいておくと良さそうです。

妊娠・出産・育児の会社手続きがわかる本』(Amazonの該当ページへ、ひとっ飛び)

お気軽にご相談ください


受付時間: 定休日:

info

お気軽にご相談ください

ご相談・お問合せ

03-3503-1822


カテゴリー


月別アーカイブ


新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【古澤社会保険労務士事務所】

〒105-0003
東京都港区西新橋1-20-3
虎ノ門 法曹 ビル607号

03-3503-1822


社会保険、雇用トラブル相談、人事労務は東京都港区の古澤社会保険労務士事務所まで!

東京都港区の社会保険労務士事務所です。
社会保険・労働保険手続きはもちろん、雇用トラブルの相談、解決。ハラスメント防止研修、
コンプライアンス研修、新人研修、管理職研修、再雇用者シニア研修等、各種セミナー研修。
就業規則作成改訂、各種制度の作成改定、雇用トラブルなど、人事労務の総合スペシャリストです。
さあ、労務環境を良くして社員のモチベーションアップから業務効率、収益向上を目指しましょう。
ご相談は東京都港区の社会保険労務士事務所の古澤社会保険労務士事務所まで!
お気軽にご連絡ください。