人材力向上のための労務管理・教育研修はお任せください

古澤社会保険労務士事務所

コラム

№78 労働保険や社会保険の保険料は、今年の4月から変わるのですか?

カテゴリー:勝手に経営診断

2016年02月22日 10時14分

例年この時期に見直しが行われる労働保険や社会保険の保険料、さて来年度からはどうなるのでしょうか。

 

○雇用保険率
平成28年度については、失業等給付に係る雇用保険料率を現行の1.0%から0.8%に引き下げることで、今の国会に法律案が上程されています。介護休業の分割取得(3回まで、計93日)や、介護休業給付の給付率の引き上げ(賃金の40%→67%)などもあわせて検討されていますので、今後の動向に注目です。

 

○厚生年金保険料率・国民年金保険料
厚生年金の保険料率は毎年9月に変わるため、この4月からの変更はありません。現時点で17.828%(一般の事業の場合)であるのが、今年9月になると18.182%となり、平成29年9月まで毎年、段階的に引き上げられることになっています。
なお、平成28年度の国民年金の保険料については16,260円(月額)と、27年度(15,590円)から670円引き上げられます。

 

○健康保険料率・介護保険料率
平成28年度の協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率は、今年3月分(4月納付分)からの適用となり、東京都ですと9.96%になります。なお、介護保険料率については、全国一律の1.58%です。

 

※マイナンバー関連の書式変更にも対応した給与計算の本。戸惑う場面や間違えがちな場面を徹底整理しており、実務の“参考書”として使えます。
平成28年度版 まるわかり給与計算の手続きと基本』(Amazonの該当ページへ、ひとっ飛び)。

お気軽にご相談ください


受付時間: 定休日:

info

お気軽にご相談ください

ご相談・お問合せ

03-3503-1822


カテゴリー


アーカイブ


新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【古澤社会保険労務士事務所】

〒105-0003
東京都港区西新橋1-20-3
虎ノ門 法曹 ビル607号

03-3503-1822


社会保険、雇用トラブル相談、人事労務は東京都港区の古澤社会保険労務士事務所まで!

東京都港区の社会保険労務士事務所です。
社会保険・労働保険手続きはもちろん、雇用トラブルの相談、解決。ハラスメント防止研修、
コンプライアンス研修、新人研修、管理職研修、再雇用者シニア研修等、各種セミナー研修。
就業規則作成改訂、各種制度の作成改定、雇用トラブルなど、人事労務の総合スペシャリストです。
さあ、労務環境を良くして社員のモチベーションアップから業務効率、収益向上を目指しましょう。
ご相談は東京都港区の社会保険労務士事務所の古澤社会保険労務士事務所まで!
お気軽にご連絡ください。