人材力向上のための労務管理・教育研修はお任せください

古澤社会保険労務士事務所

新着情報

前科と履歴書の「罰」申告

2016年04月07日 11時16分

労働者は、就業規則に賞罰の届出義務の定めがある場合には、採用された後に

使用者にその旨を届け出なければなりませんが、一般的には、既に刑の消滅した

前科および前歴を記載しなかったことをもって信義則違反とまではいうことは

できません。とりわけ、刑事犯については、履歴書の賞罰欄に記載する「罰」は、

確定した有罪判決をいうべきであり、係争中の事件については、未だ判決が言い

渡されていないことから、「賞罰なし」と申告しても事実に反するものではありません。

 

情報/労働新聞社

お気軽にご相談ください


受付時間: 定休日:

info

お気軽にご相談ください

ご相談・お問合せ

03-3503-1822


新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【古澤社会保険労務士事務所】

〒105-0003
東京都港区西新橋1-20-3
虎ノ門 法曹 ビル607号

03-3503-1822


社会保険、雇用トラブル相談、人事労務は東京都港区の古澤社会保険労務士事務所まで!

東京都港区の社会保険労務士事務所です。
社会保険・労働保険手続きはもちろん、雇用トラブルの相談、解決。ハラスメント防止研修、
コンプライアンス研修、新人研修、管理職研修、再雇用者シニア研修等、各種セミナー研修。
就業規則作成改訂、各種制度の作成改定、雇用トラブルなど、人事労務の総合スペシャリストです。
さあ、労務環境を良くして社員のモチベーションアップから業務効率、収益向上を目指しましょう。
ご相談は東京都港区の社会保険労務士事務所の古澤社会保険労務士事務所まで!
お気軽にご連絡ください。