人材力向上のための労務管理・教育研修はお任せください

古澤社会保険労務士事務所

コラム

№46 「厚生労働省令で定める賃金」って、何ですか?

カテゴリー:勝手に経営診断

2013年04月19日 12時42分

まもなくゴールデンウイーク。カレンダーどおりですと、今年は4月27日(土)から29日(月)までの3日間と、5月3日(金)から5月6日(月)までの4日間が休みとなります。もし狭間の3日間も休みにしてしまえば10連休ですね(すいません、それに近いことをやらかす私をご容赦ください)。
ところで先日、「割増賃金に関して、ものの本を調べていたところ、『厚生労働省令で定める賃金』とあったが、これは何か、何を見ればいいのか」とのご質問を受けました。
時間外労働・休日労働・深夜業の割増賃金について、労働基準法37条では、「…割増賃金の基礎となる賃金には、家族手当、通勤手当その他厚生労働省令で定める賃金は算入しない。」とあります。この場合の「厚生労働省令」は何かというと「労働基準法施行規則」を指します。そして、その21条で掲げられている、①別居手当、②子女教育手当、③住宅手当、④臨時に支払われた賃金、⑤1カ月を超える期間ごとに支払われる賃金が、労働基準法37条に書いてあった「厚生労働省令で定める賃金」に当たります。
もし、条文中に「政令で定める」とあれば「○○法施行令」や「○○を定める政令」がそれに該当し、「厚生労働省令で定める」とあれば「○○法施行規則」のほか「○○を定める省令」などが当てはまります。大まかにいえば、法律→政令→省令→告示といった階層で法令はありますので、これに応じて条文を追っていくことになりますが、ややこしいです…。
※いまや、ネットの時代。法令集で条文を追いかけたりと面倒なことをするよりも「クリックひとつで検索のほうがよい!」という方に、法令・通達のほか、判例やQ&Aなども検索できる、新しいデータベースを紹介します。
http://www.rosei.jp/static.php?p=law_top/

お気軽にご相談ください


受付時間: 定休日:

info

お気軽にご相談ください

ご相談・お問合せ

03-3503-1822


カテゴリー


アーカイブ


新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【古澤社会保険労務士事務所】

〒105-0003
東京都港区西新橋1-20-3
虎ノ門 法曹 ビル607号

03-3503-1822


社会保険、雇用トラブル相談、人事労務は東京都港区の古澤社会保険労務士事務所まで!

東京都港区の社会保険労務士事務所です。
社会保険・労働保険手続きはもちろん、雇用トラブルの相談、解決。ハラスメント防止研修、
コンプライアンス研修、新人研修、管理職研修、再雇用者シニア研修等、各種セミナー研修。
就業規則作成改訂、各種制度の作成改定、雇用トラブルなど、人事労務の総合スペシャリストです。
さあ、労務環境を良くして社員のモチベーションアップから業務効率、収益向上を目指しましょう。
ご相談は東京都港区の社会保険労務士事務所の古澤社会保険労務士事務所まで!
お気軽にご連絡ください。